安いといわれているユーザー車検ってどんなの?

車検は安全のために必ず受けなければならない

安全で危険のない車を運転するために

もしも、車検の有効期間満了日をうっかり過ぎてしまったら、その車は公道を走らせることができなくなってしまいます。

つまり、車検は「受けたほうが良い」のではなく「受けなければならない」のです。
車検を受けることができる期間は、車検の有効期間満了日1ヶ月前から可能です。

ですから、車検の有効期間満了日は常に頭に入れておき、その期間が迫ってきたならば1日でも早く車検を通すように意識していなければならないのです。

車検の有効期間満了日を過ぎているにもかかわらず公道を走ってしまったら、法律違反になってしまいますから「うっかり忘れていた」では済まされないということをよく覚えておくべきです。

ただ、なかなかそんな風に車検をうっかり忘れるケースは少ないのではないかと思います。

なぜならば、車検の有効期間満了日が記載された「車検ステッカー」が、フロントガラスにしっかりと貼られているからです。フロントガラスに車検ステッカーが貼られているということは、車の運転をするときに否が応でも目に入りますから、自然と車検の有効期間満了日は頭に記憶されます。

ですので、よっぽどのことがない限りその車検時期を忘れるということは考えにくいです。

裏を返せば、それだけ車検というものが車を運転する上でとても大事だということです。

車検をするのは面倒ですし手間がかかるかもしれませんが、安全で危険のない車を運転するためにも、車検は必ず受けなければならないのです。